女性薄毛に効果的な治療

女性薄毛の原因

これまで女性の薄毛に対して、サプリメントや漢方及びパントガールなどの内服、フロジン液やミノキシジル外用薬の塗布、栄養素や血管拡張剤の注入が行われてきました。効果は安定せず、むしろ逆効果になる例も確認されていました。その為、治療効果の高い治療法の開発が熱望されていました。

女性薄毛に対するハーグ療法

最先端の再生医療の技術を活用した、ハーグ療法により女性薄毛の改善が可能になりました。ハーグ療法は幹細胞から抽出した、各種の成長因子を含むタンパク(AAPE)を頭皮に注入することで、活動が停止した細胞にダイレクトに働きかけて毛髪の再生及び成長を促します。ハーグ療法は、難渋する女性の薄毛に対しても、高い発毛効果を認めています。

ハーグ療法の副作用

ハーグ療法はアレルギーや副作用がほとんどなく安全性が高いので、安心して薄毛治療が受けられます。

女性の薄毛の治療症例ビフォーアフター写真

ハーグ療法のリスクやデメリット

ハーグ療法で、頭皮に内出血が起こった場合、シャンプーを数日間控えてもらうことがあります。
ハーグHARG療法後、若干の痛みが続くことがあります。

女性薄毛の原因

女性ホルモンの減少

女性ホルモンであるエストロゲンは、髪や地肌、体型など、女性ならではの美しさを保つ役割があります。女性ホルモンが減少すると、もともと体の中にある微量の男性ホルモンが活発化して、女性でも薄毛の症状を引き起こします。

ダイエット

偏った食事や過度なダイエットで栄養不足になると頭皮へ栄養が供給されなくなってしまいます。特に毛髪の主成分であるタンパク質が不足すると、髪が細くなり薄毛を引き起こしやすくなります。

ダイエット

出産

出産後に、薄毛の症状が出る場合があります。妊娠時期は女性ホルモンが多く分泌されているため髪が抜けにくいですが、出産後はホルモンの急激な分泌量減少が起きて、毛が一気に抜け落ちます。一過性のもので、半年~1年ほどで解消する場合が多い症状です。他の種類の抜け毛や脱毛症に比べ、あまり心配する必要はありませんが、産後1年以上経っても、脱毛症がなかなか回復しない場合は専門クリニックに相談するのが良いでしょう。

牽引

髪の毛を同じ方向へ長年引っ張り続けて、きつく結びつけるヘアスタイルは、毛根が弱ってしまい抜け毛の原因となります。引っ張られた髪の毛の頭皮や毛根には強い負担がかかります。その状態を長く続けていると、頭皮や毛根はダメージを受け、頭皮の血流が悪くなります。頭皮には充分に栄養が届けられず、毛根や髪の毛が弱って抜け毛や薄毛を引き起こします。

過度なヘアケア

頭皮や髪を清潔にしようと洗髪しすぎや洗浄力が強すぎるシャンプーを使用すると、頭皮の必要な脂分まで流してしまい、乾燥からフケが生じます。フケが毛穴をふさぐと細菌が繁殖し炎症へとつながり、地肌トラブルから抜け毛や薄毛を引き起こしやすくなります。

びまん性脱毛症の治療症例ビフォーアフター写真

ハーグ療法のリスクやデメリット

ハーグHARG療法後、当日より入浴はできますが、洗髪は翌日からをおすすめしています。
ハーグHARG療法後、整髪料は、翌日から使用してください。

女性薄毛の症状

女性薄毛の特徴

女性薄毛は、男性の薄毛ハゲとは異なります。生え際のラインは変わらず、頭頂部や前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細く、疎らになります。頭部全体の広い範囲で薄くなることが特徴です。男性薄毛のように、短期間で急激に進行し、地肌露出するほどの薄毛になることはありません。その為、長期間放置されることがあります。

女性薄毛のパターン

女性薄毛の進行には、いくつかのパターンがあります。おでこの方から薄くなり広がっていく前頭型、つむじ周辺から薄くなっていく頭頂型、耳のまわりから薄くなっていく側頭型、全体的に薄くなっていく全頭型などに分類することが可能です。

女性薄毛の進行

女性薄毛では、初期症状として髪の毛にハリやコシが無くなります。初期症状に気づかず、対策をしないで経過してしまうこともあります。症状が進行すると、髪の毛が細くなりボリュームが無くなっているのが分かるようになります。この段階に移行すると、抜け毛が急増することが多くなり薄毛が目立つようになります。最終的には全体的に毛が細くなり地肌が透けて見えるようになってきます。さらに進行すると髪の毛は疎らになり、産毛の状態になります。この段階まで進行した場合、回復にはかなりの時間がかかります。

女性薄毛の対策

薄毛治療に早く取り組めば、回復までの期間は短くて済みます。薄毛が進行してから治療を行った場合は、回復に期間がかかり、治療効果に対する満足度も低くなります。

女性の抜け毛の治療症例ビフォーアフター写真

ハーグ療法のリスクやデメリット

ハーグHARG療法後、数日間は治療部位に赤みがでることがあります。
ハーグHARG療法の前後1週間は、パーマやカラーリングを行わないでください。