男性薄毛に効果的な治療

男性薄毛の治療

男性の薄毛AGAは、遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。過剰な男性ホルモンを抑制することで抜け毛を抑制し、発毛が期待できます。

男性薄毛治療の限界

現在、男性薄毛に対し内服薬として、ミノキシジル、デュタステリド、フィナステリドが使われています。またミノキシジルの外用薬も薄毛に対して用いられています。一剤単体では発毛効果を高めることが難しく、いくつかの薬を併用することでさらに効果を高める治療が試みられています。しかし人によっては持病や体に合わない等で飲み薬が使用できない方もいますし、外用薬で頭皮がかぶれたりする方もいます。また、薬の効果には個人差があり、全ての方に同じ結果が期待できるわけではありません。

新規開発されたハーグ療法

新規開発されたハーグ療法が薄毛に効果が有ることが知られるようになりました。頭皮に薬液を直接注入することにより、薄毛の改善効果が認められます。薬剤には、成長因子を含有しており、血管を拡張させる作用や髪の成長に必要なビタミン、アミノ酸や等が入ったカクテルを組み合わせて注入することで、発毛効果が長く持続します。これまでいろいろの薄毛治療を行い、薬の副作用が気になる方、頭皮トラブルで治療を断念した方、治療に対し抵抗を示す方には、ハーグ療法がおすすめです。

30歳以後の薄毛治療症例ビフォーアフター写真

ハーグ療法のリスクやデメリット

ハーグHARG療法後、翌日から通常の洗髪になります。
ハーグHARG療法では、頭皮全体に注射を行なっていますので、治療当日は、違和感があります。

男性薄毛ハゲの原因

遺伝的要因

ハゲや薄毛の発症や進行には、遺伝的要素が大きく関与すると考えられます。ホルモンのバランスが親から子へと遺伝し、薄毛を引き起こす要因が受け継がれてしまいます。

男性ホルモン

男性型脱毛症では、前頭部と頭頂部の毛根に存在する5-アルファリダクターゼと呼ばれる酵素が、髪の毛の成長を妨げる脱毛ホルモンDHTに変換され、毛髪が充分に成長する前に抜け落ちてしまいます。

ストレス

ストレスをため込むことも薄毛の原因になる可能性があります。ストレスは自律神経のバランスを乱します。自律神経が乱れると血行が悪くなります。血液の流れが停滞してしまうと、頭皮や髪の毛に必要な栄養が運ばれなくなり、抜け毛が増えて、薄毛の症状が悪化してきます。定期的にストレスを発散するようにしましょう。

食生活

食事が偏っている場合、体の血流が悪くなり、栄養が偏り髪に栄養が行き渡らなくなるために、最終的に薄毛につながります。頭髪を構成しているたんぱく質やミネラル、ビタミンの不足は、栄養不足からくる薄毛ハゲの主な原因といわれており、丈夫な髪をつくるためにはバランスの取れた食事が不可欠です。

喫煙

タバコは頭皮の血行不良の原因になります。タバコに含まれるニコチンは血管の収縮やビタミンCの吸収を阻害します。薄毛ハゲ対策には、タバコを控えましょう。

アルコール

過度な飲酒は頭皮の血流を悪化させるといわれています。またアルコールの分解に栄養が奪われ、毛髪を作る毛根に栄養を回せなくなってしまうため発毛や育毛が弱まります。

若ハゲの治療症例ビフォーアフター写真

ハーグ療法のリスクやデメリット

ハーグ療法で、頭皮に内出血が起こった場合、シャンプーを数日間控えてもらうことがあります。
ハーグHARG療法後、若干の痛みが続くことがあります。